パンのレシピ

【電子レンジで簡単】バナナ蒸しパンの作り方(卵なし)アレンジレシピも

レンジで簡単にできる、バナナ蒸しパン。卵なし・バターなし、少ない材料で作れるレシピなので、思い立ったらすぐできて、おいしいおやつのできあがり。
基本の作り方と、きな粉やココアを加えるアレンジレシピもご紹介します。

レンジでバナナ蒸しパンの作り方を動画で見る

バナナ蒸しパンの作り方・レシピ

バナナ蒸しパンの材料

基本のバナナ蒸しパン(1人分)

  • 牛乳 50ml
  • 砂糖 小さじ2
  • 太白胡麻油(サラダ油でも) 小さじ1
  • 薄力粉 50g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • バナナ 1/2本

【ココア味】

  • 純ココア 大さじ2/3〜1

【黒ごまきな粉味】

  • 黒ごま 大さじ2/3〜1
  • きな粉 大さじ2/3〜1

ココアやきな粉などは、お好きな量でどうぞ。

食用油はご家庭にあるサラダ油やオリーブオイルでも良いですが、できるだけクセや匂いの弱いものを使うとよりおいしくできます。
おすすめは太白胡麻油です。

 

電子レンジでバナナ蒸しパンの作り方

step
1
牛乳・砂糖・油を合わせてよく混ぜる

小さめのボウルや、深いお皿などに、牛乳・砂糖・油を入れ、よく混ぜます。
泡立てる必要はありませんが、静かによく混ぜまてください。

 

step
2
バナナをちぎって入れる

バナナ1/2本を、かるくちぎって入れ、さらに泡立て器やフォークなどでつぶしながら生地と合わせます。
つぶし加減は、粗め・細かめお好みでどうぞ。
私はきめ細かいバナナ蒸しパンが好きなので、よーく潰してなめらかにしています。

飾り用のバナナを乗せるときは、その2cmくらいの輪切りバナナを別に分けておきます。
(飾らずに全部混ぜてしまってもOK)

 

アレンジするときはこのタイミングで

きな粉や黒ごま、ココアなどはこのタイミングで混ぜます。

 

step
3
薄力粉・ベーキングパウダーを加えて大きく混ぜる

1に薄力粉とベーキングパウダーを入れて、スプーンなどで大きくゆっくり混ぜ合わせます。
練らない・混ぜすぎないのがポイント。粉っぽさがなくなればすぐにストップ。

はじめに薄力粉とベーキングパウダーだけを軽く混ぜるようにチョイチョイっと混ぜてから、生地とぐるぐる合わせるとムラ無く混ぜ合わせることができます。

 

step
4
器に生地を入れる

できあがった蒸しパンの生地を、レンジ加熱できるココット皿やマグカップなどに入れます。
加熱すると膨らむので、生地は7分目くらいまでにしておきます。(たくさん入れすぎると、加熱したときにあふれます)
飾りのバナナもここで乗せます。生地を流し入れた上に、軽く埋め込むようにバナナを飾ります。

 

step
5
レンジでチン(500W1分40秒〜2分)

電子レンジで、加熱します。
ぷくーっと膨らんで、表面がベタつかなくなるまでチン。

加熱時間の目安
500W 1分40秒〜2分
600W 1分半〜2分

加熱時間は、お持ちの電子レンジのクセによっても変わります。
表面を触ってベチャッと生地がつく場合は、10秒ずつ様子を見ながら追加してください。

 

step
6
バナナ蒸しパンのできあがり!

器が熱くなっているので、ミトンやふきんを使ってお皿の上などに乗せて取り出します。
取り出すと多少しぼんで、表面が少し固くなりやすいですが、中はふわっふわ〜。

 

参考になったよ!という方は、応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

 

バナナ蒸しパンのポイント

すぐに食べない場合はラップをかける

加熱後すぐ、ほっくほくのバナナ蒸しパンを楽しむのが1番おいしいのですが、すぐに食べない場合はラップを。
時間が経つと表面が固くなりやすいので、粗熱が取れたらラップをしておくとしっとり感が保てます。

マグカップに直接作ることもできます

今回ご紹介したのは、ボウルや器に生地を作って、器に注いでから加熱する作り方。
もう少し簡単な方法としては、マグカップなどに生地を作って、そのまま加熱する作り方もあります。

マグカップひとつで作る方法は洗い物が減るのがメリットですが、デメリットは粉を混ぜるときに飛び散ったり、粉の混ぜムラができやすいこと。マグカップが小さいと粉があふれやすいですし、どうしてもマグカップの底に粉が残りがちで、できあがりに粉のかたまりが現れることがあります。

粉の飛び散りもダマも、ちょっとくらい気にしないよ!とにかく簡単にできるほうがイイ!という方は、マグカップひとつで作ってみてください。

 

バナナ蒸しパンのアレンジレシピ

今回ご紹介したのは、基本のバナナ蒸しパンのレシピと、2つの味のアレンジレシピ。

  • 黒ごま+きな粉
  • ココア

その他には、チョコチップを混ぜてもおいしいですし、ほうれん草のペーストを混ぜれば、野菜の蒸しパンになります。

わりと何でも合うので、ご家庭にあるものを混ぜて、お好きなアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

卵なしで、アレルギーをお持ちのお子さまにも食べてもらいやすい蒸しパン。
素朴なお味なので、なんだか食欲がないなぁ・・・というときには、ぐるぐるっと作って朝ごはん代わりにしても。バナナは元気がでますしね。

蒸し器で本格的に作る蒸しパンも良いですが、レンジでチンするバナナ蒸しパンも簡単でほっこり美味しいです。ぜひ試してみてください。

-パンのレシピ

© 2021 Table KOPPA