冷たいお菓子

【ハロウィンお菓子】かぼちゃまるごとプリンの作り方|顔の彫り方も解説

ハロウィンにぴったりの、かぼちゃをまるごと使った簡単プリンのレシピです。

中身のプリンは綺麗な2層にわかれます。見た目のインパクト抜群で盛り上がるのに、作り方は意外と簡単なんです。しかも生クリームなしなので、おうちにある材料で作れます。

ハロウィンのお菓子づくりをする方へ、かぼちゃに顔を彫るコツもご紹介しますね。もちろん、顔を作らなくてもおいしいかぼちゃプリンができます。

ハロウィンかぼちゃまるごとプリンの作り方・レシピ

材料

材料(かぼちゃ大1個分)

  • かぼちゃ 普通サイズ〜大サイズ1個
  • かぼちゃをくり抜いた果肉 130g以上
  • 砂糖 60〜70g
  • 牛乳 300cc
  • 卵 3個

砂糖の量は、かぼちゃ自体の甘さによって調整してください。あまり甘くないかぼちゃなら、砂糖70gほどが目安です。甘いかぼちゃなら、砂糖50gでも。

 

準備

かぼちゃを洗っておく

かぼちゃをまるごと、よく水洗いしておきます。

 

まるごとかぼちゃプリンの作り方

step
1
かぼちゃを電子レンジで柔らかくする

洗ったかぼちゃを耐熱皿に乗せ、ぴったりラップをかけて電子レンジへ。まず600Wで4分加熱したあと、上下をひっくり返してもう一度4分加熱します。(レンジの個体差や、かぼちゃの大きさによっても時間が変わります)

指で押してみて、少しだけ柔らかく感じる状態になれば完了。まだ固ければ、1分追加して様子をみてください。

ポイント

最初はヘタを下にして置き4分加熱し、その後ひっくり返してヘタが上に来るようにするのがおすすめ。上下逆でもかまいませんが、2回目の加熱時にヘタが上になっているほうが、かぼちゃが型崩れしにくいです。

 

step
2
かぼちゃのフタを作る

かぼちゃを少し放置して粗熱が取れたら、フタの部分をつくります。かぼちゃの上部1〜2cmくらいのところを水平に切ります。

ポイント

柔らかくなっているかぼちゃを立てて切ろうとすると崩れてしまうことがあります。少し切りづらいですが、水平の状態で切ってください。

 

step
3
顔の下書きをする

かぼちゃに顔を作っていきます。まずは、下書きからすると安心。

テーブルナイフなどをつかって、かぼちゃの皮に切れ込みを入れていきます。貫通してしまわないように、緑の皮の厚み分だけに切れ込みを入れます。

まずはじめに鼻を作って顔の中心を決めてあげると、バランスが取りやすいですよ。顔の表情はぜひ大胆にお好みで!キレイに整いすぎないほうが、味も出て可愛いです。

ポイント

動画では、まずかぼちゃの中身をくり抜いてから顔を作っていますが、どちらが先でも構いません。先に中身をくり抜く場合は、顔を彫る時にかぼちゃの皮が崩れてしまわないように、ちょっぴり優しく作業してください。

 

step
4
顔を彫る

切れ込みを入れた皮をはがしていきます。黄色い果肉の部分が見えるまで、皮を少しずつ削ぐように剥がしていってください。

薄くて先の細い道具を使うとやりやすいです。テーブルナイフでも良いですが、今回はくだものナイフにラップを厚く巻いて、刃先だけが出た状態で行いました。(くれぐれもケガしないようご注意ください!)

 

step
5
かぼちゃをくり抜く

スプーンなどを使って、かぼちゃの中身をくり抜きます。果肉とワタ、別々の容器に取り出しておきます。(果肉はこの後使いますが、ワタと種は使いません)

かぼちゃの側面もこそぎ取るようにして、手を添えながら優しく果肉をすくいます。

ポイント

できるだけ多く果肉を取り出してプリン液に混ぜ込むと、ほっこりしたプリンに仕上がります。

でも、がんばりすぎるとかぼちゃが型くずれしたり、穴が空いてしまうので要注意!無理のない程度で大丈夫です。

 

step
6
ボウルに、かぼちゃプリンの材料を混ぜていく

ボウルに、取り出した果肉を入れてフォークでなめらかになるまで潰します。さらに砂糖、牛乳を入れて、泡立て器で混ぜ合わせます。

 

step
7
電子レンジで沸騰直前まで温める

6を電子レンジに入れて、600W約3分加熱。沸騰しない程度に加熱して取り出し、混ぜて砂糖をよく溶かします。

 

step
8
卵をあわせる

溶き卵を加えて、白身のとろみを切るようにして混ぜ合わせます。

 

step
9
粗めのザルでこす

目の粗いザルで濾します。

ポイント

このタイミングで、オーブンを160℃に予熱しておきます

 

step
10
かぼちゃをアルミホイルで包む

アルミホイルを広げ、かぼちゃを乗せて軽く包みます。アルミホイルは2重にしておくと安心です。

ココがポイント

アルミホイルで包む理由は、このあとお湯を張って蒸し焼きにする際、お湯が直接かぼちゃに触れないようにするため。そして、じっくり時間をかけて火を通すためです。

 

step
11
かぼちゃにプリン液を入れる

底が深めの耐熱容器にアルミホイルでくるんだかぼちゃを置き、水平になっていることを確認してからプリン液を流し入れます。

 

step
12
160℃ 80分 蒸し焼きにする

アルミホイルと耐熱容器の間にお湯を注ぎ、予熱しておいたオーブンに入れて蒸し焼きにします。

焼き時間はオーブンのクセやかぼちゃの大きさによって異なりますが、通常サイズ〜大きめのかぼちゃで160℃80分くらいが目安。小さめのかぼちゃなら、焼き時間を短くしてください。

 

step
13
一晩冷やし固めたら、できあがり!

焼きあがったら取り出して、ホイルに包んだまま放置して粗熱を取ります。

そのあと一晩ほどしっかり冷蔵庫で冷やしたら、2層のかぼちゃプリンのできあがり!

 

ハロウィンまるごとかぼちゃプリンの作り方を動画で見る

簡単レシピを動画にアップしています。チャンネル登録お願いします♪

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

 

まとめ

まるごとかぼちゃプリンの作り方をご紹介しました。

少し難しそうに見えるかもしれませんが、複雑な工程は無いので、やってみると意外に簡単です。じっくり焼いたり、一晩冷やしたりと多少時間はかかるので、ハロウィンパーティーの前日に作って冷やしておくのがおすすめ。

顔を彫るのも、はじめはドキドキしますがコツさえつかめば楽しくなってきます!ぜひ楽しんで作ってみてはいかがでしょうか。

-冷たいお菓子

© 2021 Table KOPPA